パートナーの浮気リサーチを探偵

パートナーの浮気リサーチを探偵にお願いする時、普通は、調べる人が何人で、どのくらいの期間に渡って調査を行っていくのかをあらかじめ打ち合わせをしておきます。
1時間で1万円以上もの費用がかかるので、調査にかかる時間が長いほど支払う費用も高くなるのです。調査する人の所属するオフィスにより、使う機器や調べていく人の才能には差があるため、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。
探偵の浮気調査を例に挙げても失敗したりするようです。
探偵は浮気調査をよくやっていても、成功しないことがごく稀にあります。
相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。
また、浮気調査期間中に浮気相手に会わないケースでは尻尾を掴みようがないです。自ら動くより、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。探偵にお願いすると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。自分がわけもわからず手当たり次第に調べても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。でも、パートナーに詰め寄っても浮気の事実はないと逃げられたら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。
飲食店を利用した際の領収証には飲食時の同席者の人数が書いてある事があるので、浮気をしていたと判断する材料になります。かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細は月ごとに点検するようにします。
仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、一人ではなく誰かといたおそれがあります。相手が全然知らないうちに、誰もが浮気していると分かるような証拠を手にするためには、しっかりした機材と技術が必要になります。浮気の現場をカメラにおさめても、顔が見分けられないような露出不足だと残念ながら証拠とは言えません。
探偵なら浮気調査をする場合、超小型のカメラを用意するなどして全く気づかれずにはっきり判別できる写真を撮ります。
GPSが繋がるものを使って、毎週のように行っている所を検索して、良く見える場所で観察し続けると、いつかは来るはずですから、現場を押さえられると考えられます。懐具合が心もとないときには、地図情報システムで調査するのも、方法の一つです。
GPS装置がつけられていることが知られてしまう事があります。調査員は何人で依頼すれば良いのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが、調査は大体2人程度で行っているようです。
しかし、まだ浮気なのかはっきりしていないケースでは、まず調査員が1人で浮気であるかどうかを行う場合が多いです。
浮気をしていることがはっきりとしたら、もう一度話し合いをして調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。
料金体系が成功報酬制の探偵事務所は、調査に成功した場合でないと報酬を得られないリスクというが大きく、成功した場合に支払う料金は、高くなりがちです。そのようなこともありますので、成功報酬制を採用している方が、浮気調査にかかる費用が安くなるとは言い切れません。
調査に対する実績なども確認して、はっきりとした料金システムの探偵事務所に依頼した方が満足できるのではないでしょうか。尾行料金の相場はと言うと、調査する人の数にもよりますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。
当然のことですが、調査員が1人であれば安く、多ければ多いほど高くなります。
また、尾行する際に車やバイクで移動すると、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認したほうが良いでしょう。 探偵が使っていることで知られている追跡グッズとは 自分で購入できるのかといえば買うことは可能です。一般的に、追跡グッズはGPS端末を用いて用いることが多いのですが、これは誰でもインターネットなどで購入可能です。車に載せるGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなので、当然、誰でも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA