配偶者が不倫をした場合、あなたの配

配偶者が不倫をした場合、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。
しかし、あなたの夫または妻が不倫する前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、慰謝料を請求することができません。慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、何歳であるか、何年結婚しているかなど様々な角度から検証して裁判官が判断します。GPS装置を用い、毎週のように行っている所を検索して、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。
依頼するお金が無い場合には、GPSで調べるだけでも、やってみて損はないと思われます。
その機械を付けている事がわかってしまう事もあります。なんとアルバイトの探偵がいるときがあるのです。
探偵をするアルバイトを検索してみると、その仕事の募集を見つけるでしょう。
というわけで、探偵事務所がバイトとして採用することもいっぱいあるということです。
浮気調査を頼むときには、個人情報を教える必要があります。
バイトだと簡単に辞職することも考えられますし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまうわけです。 追跡グッズという探偵が使うものは 自分で買うことができるかといえば、買うことは可能です。
追跡グッズは、一般にはGSP端末を使用することが多いです。
でも、これは誰でもインターネットなどで購入可能です。車両に載せてあるGPS端末というのは、普通は、車が盗まれたときのために備えておくものですから、当然、誰でも購入できます。
相手に全く覚られずに、客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、しっかりした機材と技術が必要になります。
浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、露出が不足して顔の見分けが付かなければ残念ながら証拠とは言えません。
浮気を探偵に調査してもらうなら、薄型のカメラなども用いて相手が知らない間に顔がはっきり判る写真を撮ることができます。
なるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、できる範囲のことは自分で前もって調べておくことです。
難しい調査ではありません。ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけで良いだけです。毎日、出勤していった時間や、帰宅してきた時間、電話が掛ってきた場合は、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。
夫と浮気相手のいる場所に奥さんが乗り込みひどい状況に陥るのは、ドラマのシナリオでもお馴染です。
妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、傷害や場合によっては殺人さえも起こるというシナリオもよくありますね。浮気の現場を直接つかまえるのもあっていいやり方でしょう。
離婚まで覚悟しているならば、実行する余地はあるかもしれません。どのような服装か確認することで浮気の事実を突き止めることができます。
浮気をしている人に、目に見えて出現してくるのは今までとは変わった服装です。
おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、突然にファッションにこだわるようになったら慎重に見ておく必要があるでしょう。
この先、浮気に進展しそうな人や、浮気している人がいるかもしれません。
探偵に浮気調査をお願いして、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。相手が信頼できなくなってしまったら人生を一緒に歩むのはそのストレスはかなりのものになりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。
それと、原因となった不倫相手に慰謝料を請求したならば確実に別れさせることもできるはずです。浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、多くの場合は3〜4日間です。
覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも平均的な日数です。
パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、3〜4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあります。逆に、浮気する可能性の高い日が調査の前に分かっていれば、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA